MEMBER’S VOICE インテリアプランナーメンバー座談会

INTERIOR PLANNING インテリアプランニング事業へ

- TALK THEME - インテリア事業でもっとも重要なこと・仕事のやりがい

専門家の知識と技術を結集したワンストップ体制

  • 専門家の知識と技術を結集したワンストップ体制
  • 専門家の知識と技術を結集したワンストップ体制
  • 専門家の知識と技術を結集したワンストップ体制

八幡: インテリア事業本部の仕事は、お客様が頭の中で描く、形があってないような漠然としたものを実際に形のあるものへと変えること。お客様のご要望に沿ったものを作り上げることが求められます。当事業部には、設計・レイアウトから内装・造作、家具調度品、IT・インフラ工事、移転・廃棄作業まで、インテリアプランニングに必要なさまざまな分野の専門家が揃っており、ワンストップで提供できる点が最も大きな強みだと思います。それぞれの専門家が培ってきた知識や技術、ノウハウなどを生かしながら、案件ごとにチームを組んで遂行しています。

齊部: 設計なら設計だけを担当している、あるいはインフラだけが専門という会社は多いと思いますが、すべてトータルで行える会社はあまりないのではないでしょうか。ワンストップですとそれだけ仕事も大きくなりますし、お客様の要望にも臨機応変に対応できる。何か問題が起きればすぐに相談して知恵を出し合える。今持っている力をすぐに結集して対処にあたれるわけです。私はオフィスの環境作りが専門ですが、図面だけでは見えないことも多いため、気づきを持って現場に数多く通うようにしています。

畠山: 私は、まずはお客様のニーズを的確に把握して、建築基準法やコストの面からも熟考して設計しています。お客様の要望に沿わせつつ、いかに予算内に抑えるかが大きな課題だと思います。

中澤: お客様の要望に沿ったものを提案することは大前提ですが、お客様の要望だけでなく自分なりのアイディアやスパイスをさらに加味して提案するようにしています。常に期待以上のものを提示することがお客様の信頼を得るうえで大切だと考えています。

野嶋: ITや通信関連のインフラは、オフィスのレイアウトや家具調度品のように実際の目に触れることはありませんが、実はとても重要な存在。まず現状を精査して、今よりもさらに効率的でより良いインフラ環境を提案しています。

鈴木: 各案件がスムーズに進捗するためには、スタッフ間の情報共有も大切だと思います。私は必要な資料を的確に、そして期限内に準備するよう心がけています。

ホテルや病院、温浴施設などではホスピタリティーあふれる空間づくりを

八幡: インテリアプランニングは、オフィスだけでなくホテルや病院やクリニック、学校、ゴルフ場、結婚式場などさまざまな施設に及んでいます。今後はさらに市場開拓をしていかなくてはならないですね。

中澤: 私はこういった施設の環境作りを担当していますが、施設のプランニングでは、お客様と直接打ち合わせしながら設計する場合や設計事務所とともにコーディネートする場合、あるいはコンペティションが行われる場合など、いろいろなケースがあります。そしてそれぞれに即した対応の仕方がある。どんな場合であっても最良の知恵を出して、お客様の要望以上に作り上げることを念頭に置いています。そして最も重要なのがホスピタリティー。その施設を訪れた方々がおもてなしの心を感じられるような空間作りを目指しています。

ホテルや病院、温浴施設などではホスピタリティーあふれる空間づくりを

海外の展示会視察で目をこやし最新のインテリアを提案

八幡: 私たちはインテリアプランニングのプロ集団として、スタッフ全員、あらゆる知識を習得していることが求められます。インテリア事業本部全体のスキルアップを図るために、さまざまな研修会や展示会の視察などを行っています。

齊部: 研修会は週に一回、インフラや内装・造作などについてインテリア事業本部全員参加して行っています。

野嶋: 国内で開催されるメーカーやインテリア関連、IT関連の展示会も必ず見に行っていますよね。私たちは、常に新しいもの、新しいものを提案していかなくてはならない。展示会の視察は最新の情報を入手できるうえ業界全体の流れを把握するためにも不可欠です。

中澤: アメリカのシカゴ、ドイツのケルン、イタリアのミラノなど海外で開かれる展示会も研修の一環として見に行きます。さまざまな展示会を自分の目で見て、目をこやすことが非常に大切なんですね。

畠山: 実際、 展示会で最新のものや流行のものを見るといろいろな発見があって大きな刺激を受けますね。

海外の展示会視察で目をこやし最新のインテリアを提案

海外生産ネットワークで最適なオーダーメイド家具を提供

八幡: 現在、中国、タイ、マレーシア、フィリピンなどを拠点としてオーダーメイドの家具生産も行っていますが、今後も海外ネットワークの強化を図っていきたいと考えています。生産各地は、日本とは文化や生活習慣も異なりますから当初は困惑することも多かったですが、最近では信頼関係も深まり良好なパートナーシップが築かれるようになっています。

中澤: 各生産拠点によって使う資材やデザインの個性も異なりますから、それぞれのインテリアプランニングに最もふさわしい家具を提供できるよう、品質とコスト管理なども徹底しています。

海外生産ネットワークで最適なオーダーメイド家具を提供

「想像以上にできあがっている!」感嘆の声は専門家集団ならではの実績の証

畠山: 自分が描いた図面通りにできあがったものを見ると、お客様がこちらの提案にご満足していただけたのだと実感することができます。そんなとき、すごくやりがいを感じます。

中澤: そのためにはやはり最初の調査やヒアリングがとても重要。お客様の要望を聞いて、さらにそれ以上のものを作り出す。お客様から「想像以上だ」と言われるとやはりうれしいですね。

齊部: 実際に現場で働く職人さんたちの力もとても大きいと思います。快適な空間を作る、という目指すところは職人さんも同じ。職人さんたちともコミュニケーションをとって信頼関係が生まれると、また現場に行くことが楽しくなります。お客様の口コミで新しい注文をいただくこともあり、そんなときもうれしいですね。

野嶋: 通信などのインフラは「そこにあって当然」と捉えられる世界。パソコンなどがきちんと機能することを確認すると、やはりホッとしますね。

鈴木: 私は社内での情報伝達や情報共有がスムーズに行われて、それぞれの方の業務が支障なく進捗したときに仕事のやりがいを感じます。

八幡: 私たちの最大の目標はお客様により深く満足していただくこと。そしてそれによって企業価値を高めること。これまでお話してきたような、専門家集団によるワンステップの提供、オフィス以外のさまざまな施設への業務展開、全社員のスキルアップ、海外生産ネットワークの充実などが私たちの命題です。今後もこれらに注力しながら、より多くのお客様により深く満足していただけるサービスの提供にスタッフ全員邁進していきましょう。

  • 「想像以上にできあがっている!」感嘆の声は専門家集団ならではの実績の証
  • 「想像以上にできあがっている!」感嘆の声は専門家集団ならではの実績の証
  • 「想像以上にできあがっている!」感嘆の声は専門家集団ならではの実績の証